55ドライブ -楽しいドライブコースから始まる、魅惑のカーライフ-

新型スポーツカー情報、ドライブコースや抜け道、おすすめレーダー探知機といったカー用品を紹介する、クルマをとにかく楽しむためのサイト!

【Webで3分峠】日塩もみじライン

      2016/11/02

スポンサーリンク


今回の3分ワインディングは、日塩もみじライン。

その名の通り紅葉の名所で、そろそろシーズンに入りますね。

まぁ、僕にとってはそんなことはどうでもよくて、やっぱり頭文字Dに登場するコースとしてなじみ深いです。なにしろ、僕の最初の車はR34スカイラインのGTターボ、そして今乗ってるのがNAロードスターですから、妙に親近感を覚えます。

 

スポンサーリンク

 

Googleマップ&アクセス

そんな日塩もみじラインは、栃木県の鬼怒川温泉と塩原温泉という2大温泉郷を結ぶ、全長約30kmの有料道路です。

料金は610円ですが、夜8時から翌朝の8時までは無料。

頭文字Dに登場するのは、途中にある富士見台展望台から鬼怒川温泉側の約10kmの区間で、最寄の高速インターは日光道の今市インターか、東北道の西那須野塩原インターです。

 

走ってみるとこんな感じ

今回は鬼怒川からのヒルクライムで走りましたが、上りの低速コーナーがこれでもかっていうぐらい連続します。僕みたいなチキンドライバーにとっては、一番楽しめるパターンです。

頭文字Dでは、ロードスターはダウンヒル担当ですが、スピードが出にくくてテールスライドの心配も少ない上りコーナーは、ゆっくりでも楽しいロードスターにピッタリです。

連続コーナーは強烈ですが、有料道路だけあって全線2車線で舗装もきれい。とても走りやすいです。

フタのない側溝をまたいで走ろうとか考えない限り、これといった危険はありません。

富士見台展望台を過ぎるとアップダウンが減って、極端な連続コーナーもなくなり、普通のワインディングになります。

ハイパワー車に乗ってる人はペースを上げたくなるところですが、この先はスキー場や旅館などが点在していて、車の出入りが多くなるので気を付けましょう。僕も得意の平日ドライブでしたが、工事車両や旅館の送迎車などが結構出てきました。

峠グルメ

p1020517

もう全然近くないんですけど、那須高原にあるイチオシのステーキハウス「寿楽」。

3分峠のためのひとり旅をしている途中で迎えた誕生日、自分へのプレゼントと言うことで那須和牛のステーキです!

那須和牛を食べようとすると、平気で8000円とか取るお店が多いんですが、ここは225gで3150円と、なかなか良心的なお店なのでおすすめです!

まとめ

低速コーナーの連続なので、好みの分かれるワインディングだと思います。

ただ、この手のコーナーで走りやすい完全2車線の道路はそれほど多くないので、クネクネ道に慣れるには良い場所ですよ。

もみじラインで塩原に抜けた後は、八方ヶ原や塩那道路といった頭文字Dの聖地が密集しているので、巡礼を楽しんでください。

この記事が役に立ったと感じたら
いいねしていただけると励みになります!

記事にする前の最新情報をお届けします

        
レギュラーガソリンも高速料金も割引!高還元のJCBドライバーズプラスカードを徹底解説!車乗る人は必携のクレジットカード♪