55ドライブ -楽しいドライブコースから始まる、魅惑のカーライフ-

新型スポーツカー情報、ドライブコースや抜け道、おすすめレーダー探知機といったカー用品を紹介する、クルマをとにかく楽しむためのサイト!

【Webで3分峠】妙義山

      2016/11/02

スポンサーリンク


今回の3分ワインディングは、妙義山。
赤城・榛名と来たら、こうなりますよね。

 

スポンサーリンク

 

頭文字Dが好きな方にとっては、板金王の中里さんのホームコースということでおなじみ。僕も4年前に出くわしたときには感激しました。

dpp_0751

Googleマップ&アクセス

さて、そんな妙義山は、群馬県の南西部にあり、榛名山・赤城山とともに上毛三山を構成する山のひとつです。そして、頭文字Dの舞台にもなっているワインディングは、妙義山の南東部を走る県道196号線の一部です。

頭文字Dのコースは道の駅みょうぎから中之岳展望台までの約7kmですが、その先にも4kmほどの走りやすいワインディングが続いています。

最寄の高速インターは、上信越道の松井田妙義インターです。

 

走ってみるとこんな峠

道の駅を出て早々、サルが登場。
結構多いみたいなので気を付けましょう。

先ほどの地図からも分かるとおり、前半の3kmは結構緩いコーナーばかりです。長い直線まであって、「これが頭文字Dのコースなの?」と疑ってしまうぐらい。

でも、そこを過ぎると徐々にコーナーがタイトになり、直線が減っていきます。

そして気付けば、ハンドルを握る手が休むヒマのない連続コーナー区間に入っていきます。

全線2車線で舗装も比較的きれいなので、安心して走れます。

ただ、ところどころキャッツアイが付いていたり、ちょっとした段差があったりします。段差と言っても榛名山みたいなウネウネではなく、わざと作ったのか、自然とできちゃったのかよく分からないレベルの段差です。

そしてクネクネの中心部に入ったところで前の車に引っかかる、峠あるあるです。

ここの展望台が頭文字Dコースの終点ですが、この先にもう4kmほど、ここまでよりむしろ走りやすいワインディングが続きます。

ヘアピンコーナー、ブラックマーク、デコボコ舗装という、明らかに走り屋が走っている3つの証拠が揃っているので、ここまで来たならついでに走っておきましょう。

ちなみにこの道をさらに7kmほど下ると、国道254号線、つまり川越街道につながります。

峠グルメの代わりに、宿の紹介

p1020397

今回もいまいちグルメネタはないんですが、泊まった宿の紹介をしてみます。実は今回の遠征は温泉旅行も兼ねていて、草津温泉にあるブランシェというペンションに泊まりました。

オーナーさんがかなりのクルマ好きで、100台以上のミニカーや、大量のカタログが置かれているプレイルームがあるので、クルマ好きにはおすすめです。こんなこと知らずに泊まったのでビックリしました。

まとめ

東京から日帰り圏内ですし、妙義を走って、横川で峠の釜めしを食べて、碓氷峠を走って、軽井沢で買い物して帰るなんていう使い方もアリですよね。

この記事が役に立ったと感じたら
いいねしていただけると励みになります!

記事にする前の最新情報をお届けします

        
レギュラーガソリンも高速料金も割引!高還元のJCBドライバーズプラスカードを徹底解説!車乗る人は必携のクレジットカード♪