55ドライブ -楽しいドライブコースから始まる、魅惑のカーライフ-

新型スポーツカー情報、ドライブコースや抜け道、おすすめレーダー探知機といったカー用品を紹介する、クルマをとにかく楽しむためのサイト!

東京湾フェリーに乗って、クルーズ付きで渋滞知らずの房総半島ドライブ♪

      2016/03/01

スポンサーリンク


 

お手軽ドライブコースの千葉

都心からアクセス抜群で、日帰り旅行先として人気の千葉県。
東京湾アクアラインのおかげで、本当に身近な存在ですよね♪

南房総のシーサイドドライブ、館山の海鮮グルメ、鴨川シーワールド…、
道の駅めぐりに、南房フラワーラインなど、観光からドライブまで目白押しです。

東京湾アクアラインの渋滞がど~しても嫌な人は!

そんなわけで、週末と言えばアクアライン渋滞(-_-;)

距離がそれほど長くないので、1時間以上ハマることは希ですが、それでも決して気持ちの良いものではありませんよね。

そこで…カーフェリーを使ってみるのはどうでしょう!?
神奈川県の東端にある久里浜から、館山の北にある金谷港までを40分で結ぶ、東京湾フェリーをご紹介します♪

スポンサーリンク

 

ここで、新宿~館山までのルートをシミュレーションしてみました。
フェリーを使うと2時間30分

アクアライン経由だと1時間30分(渋滞が無い場合)

時間もお金もかかりますが、快適なクルーズです

はい…おっしゃるとおり、時間がかかりますし、さらにお金もかかります。

車1台(5.0m未満の場合)+運転手が3990円、同乗者は720円/人。
つまり、4人家族で乗ると6000円ちょっとかかります。
アクアラインは800円ですからね…^^;

あとは運航ダイヤの制約もありますが、朝6時台から夜の19時台まで、だいたい1時間に1本ですので、特に問題は無いと思いますが、乗り遅れると1時間のタイムロスなので、そこは気を付けた方が良いです。

なんだかデメリットばかり書いてしまいましたが…。
でも、船に乗る機会ってなかなかないですよね!?

わずか40分ではありますが、逆に言えば退屈しないですし、デッキに出て景色を眺めながら潮風に当たるのも気持ちが良いですよ♪
また、その間は運転手さんは休憩できる、というのもひとつのメリットです。

房総半島をドライブした帰り道、アクアライン渋滞にはまらずに、海の上で休憩できるというのはなかなか快適じゃないでしょうか?
都心から久里浜に向かうには、首都高と横浜横須賀道路を使うのがメジャーですが、出発地によっては第三京浜道路を使うこともできます。

第三京浜はそうそう渋滞しない道路なので、週末の房総ドライブで渋滞無し!
な~んてことも、できます。

1時間余計にかかること、家族だと何千円も余計にかかることは事実ですが、クルーズという非日常的なアクティビティに参加するのだと考えれば、
ひとつの選択肢として持っておくと、ドライブも楽しくなるのではないでしょうか??^^

この記事が役に立ったと感じたら
いいねしていただけると励みになります!

記事にする前の最新情報をお届けします