55ドライブ -楽しいドライブコースから始まる、魅惑のカーライフ-

新型スポーツカー情報、ドライブコースや抜け道、おすすめレーダー探知機といったカー用品を紹介する、クルマをとにかく楽しむためのサイト!

フェリーを使って清水港グルメ&西伊豆ドライブ♪

      2016/03/01

スポンサーリンク


今回は、伊豆のドライブコースをご紹介しますが…敢えてのフェリーです!

静岡県の清水港から、西伊豆の土肥港を約1時間で結ぶのが駿河湾フェリー
これを使って、伊豆ドライブとクルーズ、さらには海鮮グルメを組み合わせた、そんなドライブプランをご紹介します~。

また、西伊豆スカイラインについては別記事を書きましたので、よろしければご覧下さい♪

スポンサーリンク

 

道が空いてれば9時に都心を出発、12時前に清水着、ランチを食べて13:20のフェリー、という流れが組めるのですが、週末の東名渋滞を考えると、7時ぐらいには出た方がいいかもしれません…。
東京~厚木の渋滞は、ハマるより早い方法は多分ありません…(´Д`)

アクセス

まず、このマップは東名の沼津ICを起点&終点としています。

東京から沼津まで、空いていれば2時間弱ぐらいでしょうか。
そして、東京から向かう場合は沼津を過ぎて、清水ICで下りて下さい。

ランチはもちろんマグロで♪

そして、到着早々いきなりランチです。
清水魚市場 河岸の市には、マグロを筆頭に美味しい海鮮メニューが目白押し!
IMG_0536.jpg
迷いますね~(笑)
IMG_0535.jpg
ただ、週末のランチタイムは当然混みますので、余裕をもってどうぞ。
ちなみに、夜だとガラガラですが、ラストオーダー17:30~19:00ぐらいです。

フェリーに乗ります

そして、食後はフェリーです。
このフェリーは1日4便しかなく、乗り遅れるとプランが崩壊するのでご注意下さい(笑)
LR4-2294.jpg
船上からは、世界遺産に登録された美保の松原、晴れていれば富士山も見えます。
冬場は寒いですが、春~秋にかけては気持ちの良いクルーズが楽しめます。
LR4-2297.jpg
1時間後、伊豆の土肥港に到着。
こちらでも地物のタカアシガニや地魚料理があるので、清水港のランチが時間切れで食べられなかったような場合は、こちらでもランチできます。

伊豆で一番気持ちの良いドライブコース、西伊豆スカイラインへ♪

そして、いよいよドライブの本番です♪

国道136号線を内陸に向かい、土肥峠で県道411号線に入り、西天城高原へ。
終点の西天城高原の牧場ではソフトクリームが美味しいですよ♪
また、この西天城高原は星空も非常にきれいなんだそうです。

が、ここから先、来た道以外は酷い道なので、そのまま県道411号線から来た道を戻りましょう(笑)

この西天城高原から県道127号線の戸田峠に至る道は、
かつては「西伊豆スカイライン」という有料道路でした。
そしてここは、関東から気軽に行けるドライブコースとしては僕のNo.1です!
DPP_1205.jpg
観光地を結ぶわけではないので、走っているのはドライブ好きばかりです(笑)
景色もキレイで、道も程よいワインディングが続き、走ることが本当に気持ちいい。

途中、何カ所か展望台もあるのですが、だいたいドライブに夢中で通り過ぎます^^;
DPP_1200.jpg
戸田峠についたら、ここからは帰り道です。
西伊豆スカイラインには休憩場所がほとんどないので、戸田峠の近くにある、だるま山高原レストハウスで休憩するといいかと思います。

温泉街は避けて、虹の郷方面へ♪

その後、修善寺方面に向かうのですが、温泉街への道は細く、観光客も多いので、寄らないのであれば、修禅寺虹の郷方面の道を進みましょう。

あとは国道136号線に入り、駿河湾環状道路を抜けて沼津ICに向かいますが…。週末の夕方は、この136号線も混みます。
試したことは無いので確証は持てませんが、手前の県道129号線に入ると、伊豆仁田駅あたりまで道は繋がっています。
伊豆長岡の市街地を抜けるため、こちらも混んでいる可能性はありますが、選択肢のひとつとして、知っておいても損は無いかと思います。

そんな感じで、沼津IC~清水~フェリー~西伊豆スカイライン~沼津ICだと170kmのドライブコース。
東京からだと片道100kmずつ上乗せとなり、長距離と感じられるかもですが…。

伊豆随一の快走路と、清水港グルメ、クルーズを満喫できるコースなので、ぜひ試してみて下さい♪

この記事が役に立ったと感じたら
いいねしていただけると励みになります!

記事にする前の最新情報をお届けします