55ドライブ -楽しいドライブコースから始まる、魅惑のカーライフ-

新型スポーツカー情報、ドライブコースや抜け道、おすすめレーダー探知機といったカー用品を紹介する、クルマをとにかく楽しむためのサイト!

NDロードスターは買えないので、手の届くライバルを検討してみた

      2016/03/01

スポンサーリンク


小さくて軽くて、オープンでオシャレで、安くてリア駆動のクルマが欲しい!

試乗会も開催され、だんだんと市販車の情報が明らかになってきた、マツダの新型ロードスター。
今のご時世、貴重なライトウェイトスポーツカーですし、ドライブが楽しいオープンカーということで凄く欲しい1台です♪

なんですけど…買えない(笑)

2015/3/20追記:
先行商談予約受付が開始され、価格やグレード構成も明らかになりました♪

スポンサーリンク

NDロードスターを買えない2つの理由

そもそも新車が買えない

新型ロードスターの最低価格は、最低グレードであるSの249万4800円です。

nd-roadster-official

ロードスターの歴史を振り返ると、一番安いベースグレードでも普段乗りに問題なく使える装備が備えられていましたので、今回もそうであれば何の心配もいりません。

幸いにして、今回もそうでした^^

しかし一方で、最近の流れ…というかトヨタ86の例では、RCという最低グレードが200万円で用意されていました。これはレース車両のベース車という扱いで、内装は取り外される前提なので質感どうこうというものではなく、エアコンすらオプション設定です。また、外装についても社外パーツを組むか、逆に何もしないかのどちらかが普通なので、無塗装の樹脂バンパーが装備され、カッコいいエアロやスポイラーはありません

もしマツダがこの流れに乗っかり、250万円でエアコンレスだったりした場合、普段乗りに使えるグレードはなんだかんだで軽く300万円を超えてくるはずで、僕としてはロドにそこまで出そうとは思えません。

「欧州車の似合う男」でありたい

NDロードスター、歴代モデルの中で一番カッコいいと思っていて、繰り返しになりますが、欲しいんですよ!
でも、マツダの国産車なんですよね、当たり前ですけど。

これから、すごく痛いことを書きますよ…/(^o^)\

僕は最初こそスカイラインでしたが、その後はプジョー、アルファロメオと乗り継いでいます。
すると、ほぼお世辞でしょうけど、「たかっかアルファ似合うね!」とか言ってもらえることもあるわけです。

お世辞でも、ちょっと嬉しいんですよね(笑)

さらに、次期愛車選びの妄想トークをしていて国産車を挙げたりした時、「たかっかぽくない」なーんて言われると、やっぱり嬉しい(笑)

つまり、「欧州車の似合う男」になれたんだな、という思い込みに浸ることができているわけです!(爆)

takakka-458

※イメージ写真(爆)

マツダのクルマは素晴らしいと思いますよ!
でも、「マツダの似合う男」より「ヨーロッパ車の似合う男」でいたいじゃないですか!?

…300万円のクルマすら買えない若僧がこんなこと言ってるの、ホント痛々しいですよね(笑)

100万円以下のロードスター対抗馬(輸入車限定)

というわけで必然的に、安い輸入中古車のオープンカーで、しかも比較的コンパクトなクルマを探すわけです。
最高の選択肢はロータスエリーゼですが、100万円などあり得ないのでアウトです。

MG TF:ある意味ロードスター以上の1台!?

マツダロードスターの特性を兼ね備えた上、むしろ上回るとすら言えるのが、MG TF。

mg-tf

MG TFってどんなクルマ?

MGは、その昔はMGBやミジェット等のオープンカーをヒットさせた老舗のオープンカーのメーカーですが、やがてローバーの傘下となり、セットで倒産して今や中国メーカーに買収された、イギリスの自動車メーカーです。

その最後のオープンカーが、2002年に発売されたTFです。
上位グレードである160は、ちょうどNBロードスターの1.8RSと同等の寸法・車重であり、日本でも非常に扱いやすいサイズです♪

 MG-TFNBロド 1.8RS
サイズ(mm)3850x1630x12603955x1680x1235
ホイールベース2380mm2265mm
エンジン直4 1.8L NA直4 1.8L NA
馬力160ps160ps
トルク17.7kgm17.3kgm
車重1120kg1080kg
駆動方式MRFR

惜しいことに、ホイールベースがロドより10cm長いので、コーナリングのキビキビ感では劣りそうです。
とは言っても、イギリス車ですから右ハンドルが標準というのは嬉しいポイント。

ミッドシップオープンスポーツ、最高じゃないですか!

そんなことより何より、このクルマはMRなのです!
軽量コンパクトのミッドシップオープンスポーツカー、そしてエリーゼのように乗り降りにも苦労することもない、そんな素晴らしいクルマなかなかありません!

TF最大の欠点:ディーラーがもうない

良いことずくめに見えるTFですが、超マイナーであることにはもちろん理由が。

本国での経営状態悪化に伴い、日本のディーラー体制も頻繁に変わり、2005年には日本の正規ディーラーは消滅してしまいました。このため、メンテナンスを頼めるショップは、かつてローバー時代にメンテナンスをしていたBMWディーラーの一部や、一部のMG車を得意とする修理工場ぐらいしかありません。

一方で、お世辞にも信頼性が高いとは言えないMG車とローバーKエンジンの組み合わせ、さらにはオープンカーとしてのルーフ開閉機構を持つTF、故障のリスクが常に付きまとい、パーツも簡単に手に入るものではありません。

スペック上は文句なしのMG-TFですが、維持していくのは大変です。
中古相場でもなかなかお目にかかりませんが、カーセンサーによると相場は138万円。
ただし、これは在庫車の平均価格であり、そもそも記事を書いた時点でこの1台しかないので、100万円以下の個体も出る時は出るんだと思います。

スマートロードスター:輸入ライトウェイトコンパクトとしては誰にも負けないけど…

Smart_Roadster

正直、購入候補ではありませんが(笑)、軽くて小さい輸入車のオープンカーとしては外せないのがスマートロードスター。

そのサイズは初代NAロードスターよりもコンパクトで、車重も830kgと、1.6Lモデルよりも130kg軽いです。
しかも、スマートなのでなんとRRレイアウト!ここだけ見ればポルシェと同じ♪(笑)

が、搭載するエンジンは3気筒の700ccで、82馬力を発揮…あとちょっとで軽自動車です(笑)
足回りやブレーキの設定もスポーツカーとは言い難く、あくまで雰囲気重視のクルマですね。

 スマートロードスターNAロド 1.6
サイズ(mm)3430x1615x12053970x1675x1235
ホイールベース2360mm2265mm
エンジン直3 0.7L ターボ直4 1.6L NA
馬力82ps120ps
トルク11.2kgm14.0kgm
車重830kg940kg
駆動方式RRFR

これを買うぐらいなら、ビートやカプチーノ、そしてもうすぐ発売のS660に行きますね。

BMW Z3ロードスター

bmw-z3

次の候補として挙がるのが、ユーノスロードスターの大ヒットを受けてBMWが追随したという、Z3。

1997年に発売された初期型はなんと5ナンバーで、直4 1.9L・140馬力・車重は1220kg。
これはNCロードスターよりコンパクトでやや重く、パワーは劣るというものです。

最終型もマイナーチェンジなのですが、ボディがNCロードスターより一回り大型化し、直6 2.2L・170馬力・1310kgというスペックになり、パワーは上がりましたが、「ライトウェイト」とは言えない車重になっています。

 Z3初期型Z3最終型NCロドRS
サイズ(mm)4035x1690x12754060x1740x12804020x1720x1245
ホイールベース2445mm2445mm2330mm
エンジン直4 1.9L NA直6 2.2L NA直4 2.0L NA
馬力140ps170ps170ps
トルク18.3kgm21.4kgm19.3kgm
車重1220kg1310kg1120kg
駆動方式FRFRFR
軽さの初期型か、「シルキーシックス」の最終型か

軽さの初期型か、「シルキーシックス」と称される伝統の直列6気筒エンジンの最終型か悩みますが…。
僕は走りもさることながら、官能性も重視するので、最終型を選ぶと思います。

そして、好みの問題とはいえ、このエクステリアデザイン。
今見ても実に美しいデザインだと思います。

相場は18万円~127万円と、年式・グレードによって幅があります。

また、ここでは触れませんでしたが、2.8L~3.0Lエンジンを搭載する上位モデル、そしてM3のZ3版と言える、Mロードスターが、さらにはハッチバック仕様のZ3クーペ/Mクーペがラインナップされています。

この時代のBMWはバリバリの電子制御ではなくパーツも豊富と言うことで、維持には困らないと思います。

Z3の不安なところ

ただ、ハンドリングと安定性がとにかく高いドイツ車、ロードスターのような軽やかな走りを期待できるのかが不安なところです。
最近のBMWだと、安定しすぎて面白さを感じないので…。

また、惜しいのは、手動ソフトトップであること。
やはり屋根を閉じた状態のデザインはハードトップの統一感が勝りますし、快適性でもかないません。
幌だとデザインや耐久性、防犯性など、どうしても見劣りしますよね…。

また、手動式だと気軽にオープンにすることを妨げる要因になってしまいます。
一方で、故障のリスクは減るので、この年式の中古車と考えると、安心材料と捉えることもできますね。

メルセデスベンツSLK

slk230

BMWとくれば、当然ベンツも対抗馬を用意しています。
BMW Z3と同様、1997年に登場したのがSLKで、最もベーシックなSLK230がロードスターに一番近い存在です。

とはいえ、それでも車重は1350kgと、Z3の最終型よりも重め。
ちなみに車両寸法はほぼ同じです。

 SLK230Z3最終型NCロドRS
サイズ(mm)4010x1745x12804060x1740x12804020x1720x1245
ホイールベース2400mm2445mm2330mm
エンジン直4 2.3L スーチャ直6 2.2L NA直4 2.0L NA
馬力193ps170ps170ps
トルク28.6kgm21.4kgm19.3kgm
車重1350kg1310kg1120kg
駆動方式FRFRFR

搭載するエンジンはスーパーチャージャー付きの直列4気筒2.3Lエンジンで、193馬力を発揮。
パワーはZ3を超え、トルクは圧倒しています。

スポーツカーというよりは、小さな高級車。

ライトウェイトオープンスポーツという観点からはZ3に軍配が上がりますが、SLKはブランドイメージの通り、スポーツというよりは高級感を重視した車です。

素っ気ないZ3の内装と比較するとゴージャスですし、スタイルもアグレッシブと言うよりはエレガント。
また、すべて5速ATの設定で、MTの設定はありません

電動ハードトップ装備は嬉しい♪

そんなSLKですが、Z3と比較した場合の最大のアドバンテージはバリオルーフ=電動ハードトップを備えることです。これにより、気軽にオープン走行を楽しめ、屋根を閉じても美しいクーペスタイルが実現するのはポイント高いですよね。

中古車相場は25万円~139.9万円と、Z3同様に幅があります。

なお、上位グレードとしてV6 3.2Lエンジンを搭載するSLK320、さらにそれにスーパーチャージャーを搭載したSL32AMGが用意されています。

軽くてコンパクトな現代のFRスポーツと言えば…トヨタ86と比較

結局のところ、マツダロードスターは軽量&コンパクトで、しかも走りも楽しめるFRオープンスポーツとして、唯一と言ってもいい存在であることが分かります。
そして、輸入車でこのジャンルに当てはまるのはロータスエリーゼとMG-TFだけ

Z3も良いクルマなんですが、やはりそのサイズ感ではロードスターの代わりというのは苦しいところです。
ですが、よく考えてみると、今の目で見れば十二分にスポーティだということに気付きました。

そう、トヨタ86との比較です。

 Z3最終型86 G
サイズ(mm)4060x1740x12804240x1775x1320
ホイールベース2445mm2570mm
エンジン直6 2.2L NA直4 2.0L NA
馬力170ps200ps
トルク21.4kgm20.9kgm
車重1310kg1210kg
駆動方式FRFR

大型化したZ3の最終型でも、86よりコンパクトでホイールベースは13cmも短く、キビキビした走りを予感させます。そしてパワーは負けますがトルクは同等です。

とはいえ、車重はZ3が100kg重いので、絶対的な速さでは86が上でしょうね。

大切なのは速さじゃない。「速さを感じやすい」こと。

声を大にして言いたいのは、絶対的な速さよりも、「速く感じること」が大切だということです。
スピードを出したいのは爽快感を味わいたいからだと思うのですが、逆に言えば、爽快感を味わえるのならスピードは控え目でもいいわけです。

その点、パワー負けしていても開放感溢れるオープンボディと、非常に低い着座位置の組み合わせは、かなりのスピード感を感じられるはず。

drive

要するに、なんだかZ3が欲しくなってきた、たかっかなのでした(笑)

結論

「故障もメンテも怖くない!」という方は、NBロドのスペック&ミッドシップレイアウトを併せ持つMG TF。
維持の安心感や、官能性も欲しい方はZ3。
高級感やデート目的、ステータスが欲しい方はSLK。

僕と同じお悩みを持つそこのあなた!
早速お財布と相談しながらNDの代わりを探しましょう♪(笑)

2015/3/20追記:
先行商談予約受付が開始され、価格やグレード構成も明らかになりました♪

この記事が役に立ったと感じたら
いいねしていただけると励みになります!

記事にする前の最新情報をお届けします

        
レギュラーガソリンも高速料金も割引!高還元のJCBドライバーズプラスカードを徹底解説!車乗る人は必携のクレジットカード♪
    

Comment

  1. […] てきた、マツダの新型ロードスター。 [紹介元] NDロードスターは買えないので、手の届くライバルを検討してみた | 55ドライブ -楽しいドライブコースから始まる、魅惑のカーライフ- […]

  2. ターくん より:

    私はNCロードスターを買いました

    …すいません

    • たかっか より:

      ターくんさん、こんにちは。

      NCもクルマとして決して悪くはないと思いますよ!
      軽快感やハンドリングで前後の世代に劣る面はあると思いますが、一方でグランドツーリングカー的な用途であれば歴代ロドの中で一番だと思います♪

  3. STORM より:

    あれ?308CCは、無しですか?

    • たかっか より:

      308CCは素敵なオープンカーだとは思いますが、大きく重いFF車ということで、ロードスターの代わりにはならないと思うんですよ。