55ドライブ -楽しいドライブコースから始まる、魅惑のカーライフ-

新型スポーツカー情報、ドライブコースや抜け道、おすすめレーダー探知機といったカー用品を紹介する、クルマをとにかく楽しむためのサイト!

【インプレ】ロードスターRF(VS)で峠道を200kmほど走ってきました【試乗】

   

スポンサーリンク


ロードスターらしさがまったく失われていないことに驚き!

先日、個人間カーシェアリングサービス「Anyca」で発売直後のロードスターRFをお借りして、峠道を中心に200kmほど走ってきました。

そこで、NAロードスター乗りの僕がRFのインプレをお届けします。

一言で言うと、「RFになっても、しっかりロードスターと人馬一体」です!

※記事とほぼ同内容の動画も作ったので、お好みでご覧ください。

走行ルートは東京近郊の峠道フルコース

map

今回走ったのは、大垂水峠・宮ヶ瀬北岸林道・鶴峠・奥多摩周遊道路・檜原街道という、東京から半日あれば充分回れる、ワインディングのフルコース。

この手のワインディングを走り出せば、たとえ100kg重くても、フルオープンにならなくても、乗り味はロードスターそのもの。

僕はいつもNAは40kmから楽しくなって、NDは50km出せば楽しめると言っていますが、RFも50km出せば楽しめます。

ソフトトップに乗って楽しいと思った人は、きっとRFも楽しめるはず。

グレード構成を簡単に紹介

vs

※マツダ公式サイトより引用

今回お借りした車は3つあるグレードの真ん中であるVSですが、3グレードともキッチリ住み分けができています。

一番高いRS

ビルシュタインのダンパーとレカロのセミバケが目玉になっているスポーツグレード。

真ん中のVS

高級感あふれるブラウンのナッパレザーのインテリアが特徴で、かつてのVスペシャルのような立ち位置です。

素のS

ソフトトップの中間グレード、スペシャルパッケージとほぼ同様のインテリアを持つシンプルなモデル。

RFにはVSグレードがおすすめ!

P1040040

個人的には、スポーティとかシンプルさを求めるならソフトトップだと思っていて、RFにはVSの落ち着いた内装がピッタリだと思います。僕も買うとしたらVSを選びます。

レザーシートもワインディングを流す分には充分なホールド性で、以前ソフトトップで同じぐらいの距離を試乗した時よりも疲れなかった気がします。

RF最大の特徴はハードトップ、2番目は2リッターエンジン

P1040033

この2リッターエンジン、レッドゾーンが6500回転からと、1.5リッターよりも1000回転低いんですけど、それでも充分面白いです。

VSグレードにはエンジン音の美味しい部分を車内に伝えるサウンドエンハンサーはついていませんが、それでも充分気持ちの良いサウンドが聞こえてきます。

細かな違いを感じ取るのが苦手な僕は、良くも悪くも1.5リッターとの違いは感じず、同じように気持ち良く走ることができました。

フルオープンも捨てがたいけど、ファストバックの快適性はすごすぎる!

P1030250

一方、やっぱりロードスター好きとしてはファストバックではなく、フルオープンになって欲しいという思いはあります。

前を向いて走っている分には関係ないんですけど、車線変更とかバックで後ろを向いたときのあの開放感が魅力なんですよね~。

なので、乗る前はリトラクタブルハードトップが良かったな~、なんて言ってましたけど、いざ実際に乗ってみると、RFの良さもよく分かりました。

オープンにしていてもとにかく快適なんです。

しかも、カメラを取り付けるためにシートの間に付いているディフレクターを外していましたが、それでも巻き込み風がほとんど入ってこず、かなり静かです。

助手席に座っている人とお話しする時も、声を張り上げる必要は一切ありませんでした。

ロードスターRFの弱点

P1040034

と、ここまで良いことばっかり言ってきましたが…弱点もないわけではないです。

まずはお値段。なんだかんだで400万行っちゃうのは痛いです。

ただ、86でも360万ぐらい行っちゃうわけですから、そう考えれば仕方がないとも思います。

2つ目は電子スロットルのさじ加減で、パーシャルとアクセルオフの間をもう少し細かくして欲しいという感じがしました。エンブレを効かせたくはないんだけど、シフトアップはやりすぎ…という時に、ちょうどいいポイントが見つからない、という感じです。

あとは細かいところで、スポーツカーのくせにアイドリングストップして鬱陶しいとか、シフトアップの指示が燃費優先すぎるとか、気になったのはそのぐらいです。

まとめ:むしろオープンドライブはRFの方が楽しめる!?

P1030245

RFになって、大人っぽい走りに落ち着いてしまったのかと思いきや、ロードスターらしい走りは健在。

ファストバックで開放感は若干薄れたものの、それを補って余りある快適性のおかげで、むしろ気軽にオープンドライブを楽しみやすくなったとも言えます。

興味のある方は、ぜひ乗ってみて下さい。

今の愛車を高く売って、購入予算を稼ぎましょう♪

「あと10万あれば、上のグレードに手が届くけど…さすがにこれ以上は無理。」

そう思っているあなた、諦めるのはまだ早い!

ディーラーに下取りなんかに出さずに、一括査定で一番高く買ってくれるお店に売れば良いんです!
ちょこっと手間は増えますけど、それで欲しいオプションが付けられれば、安いもんじゃないですか??

また、新古車を見つけることができれば、納期は一気に短縮・価格もグッと低い1台に出会えることがあります。

こちらのサイトでメーカー・車種名を入力し、備考欄に「新古車希望」と書いておけば、一般の中古車サイトに掲載される前の非公開情報から、新古車を探してもらうことができますよ。

車探しの専門家が、ご予算や条件に合わせたあなたにピッタリの車をご提案【ズバット車販売】

この記事が役に立ったと感じたら
いいねしていただけると励みになります!

記事にする前の最新情報をお届けします

        
レギュラーガソリンも高速料金も割引!高還元のJCBドライバーズプラスカードを徹底解説!車乗る人は必携のクレジットカード♪