55ドライブ -楽しいドライブコースから始まる、魅惑のカーライフ-

新型スポーツカー情報、ドライブコースや抜け道、おすすめレーダー探知機といったカー用品を紹介する、クルマをとにかく楽しむためのサイト!

【Webで3分峠】赤城山

      2016/11/02

スポンサーリンク


今回の3分ワインディングは、赤城山のリベンジです!

8月頭に行ったときはゲリラ豪雨でひどいことになりましたが、今回はピーカンだったのでバッチリです。

人気のお山を走る時のお約束、平日朝から下山するやり方で、前のクルマに引っかかることもありませんでした。

 

スポンサーリンク

 

Googleマップ&アクセス

そんな赤城山につながる道は3本ありますが、頭文字Dに登場するのは前橋からつながる県道4号線の一部で、山頂に近い6kmの区間がコースになっています。

最寄の高速インターは関越道の渋川伊香保インターですが、駒寄(こまよせ)パーキングエリアや赤城パーキングエリアのスマートICからも行けます。

 

走ってみるとこんな峠

道については頭文字D好きの皆さんの方がよっぽど詳しいと思いますが、初っ端からこの複合ヘアピンがすごいですよね~。

そして、早速出てきますウネウネ舗装!もはや聖地の証みたいなことになってますが、榛名山よりさらに危なっかしい場所にある気がします。

ここを抜けると、しばらくは強烈なコーナーは出てきませんが、これほどの下り坂で攻めの走りをしたらメチャクチャ怖そうです…よい子のみんなは、絶対にやらないでね!

そして、特徴的なでっかい反射板つきのコーナー、からのウネウネが続きます。

これほどあからさまなウネウネじゃなくても、ところどころコーナーの手前に「ウネっ」ぐらいの段差があるんで、実際攻めると事故ります、たぶん。

ご覧のとおり全線2車線で道幅は充分にありますし、制限速度も40kmなのでそこそこ走りやすい道ではあります。ただ、それでもはみ出してくる対向車は結構いますし、例のウネウネ舗装もありますから、あくまで雰囲気を楽しむ程度に走りましょう。

ロードスターだとこれぐらいの連続コーナーを流しているだけでもなかなかの爽快感が味わえるので、「もっとスピード出したい!」と思うような人は、実はロードスターに乗り換えれば解決するかもしれません。

このヘアピンを抜けると、右側に拓海のハチロクがエンジンブローして止まった場所があります。

この先はゆるい連続コーナーからのタイトコーナーという、ほどよく気持ちの良い区間がしばらく続きます。

そして最後は4連ヘアピン。こんな短い部分にさえウネウネ舗装がされています。

ここで前のクルマに引っかかりましたが、まぁ頭文字D区間はほとんど終わってるので問題なし。

この駐車場が頭文字Dダウンヒルのゴールです。

峠グルメ

buta

今回の峠グルメは、県道4号線と国道353号線の交差点近くにある、道の駅ふじみのレストラン。

いただいたのは上州豚の生姜焼きで、お値段は750円。ボリュームも充分ですし、地元のブランド豚を使っているので美味しかったです。

まとめ

良い天気の中で走るのは気持ち良かったですけど、もし前回の大雨の中、無理やり突っ込んでたらヤバかったですね~。たとえ攻めた走りじゃないにしても、不安なときは諦めることも大事です。

赤城山からは日光や尾瀬の方にも抜けられるので、秋のドライブ先としてもおすすめです。

この記事が役に立ったと感じたら
いいねしていただけると励みになります!

記事にする前の最新情報をお届けします

        
レギュラーガソリンも高速料金も割引!高還元のJCBドライバーズプラスカードを徹底解説!車乗る人は必携のクレジットカード♪